worldventures-marketingllc.jpg【世界最安値旅行会社】ワールドベンチャーズINFO

青の都・ウズベキスタンの古代都市「サマルカンド」

アジア

青の都・ウズベキスタンの古代都市「サマルカンド」
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

紀元前から栄える歴史の古い町で街全体が世界遺産

古来、シルクロードの要衝として栄えながら、13世紀にモンゴル軍の侵攻によって
廃墟と化したウズベキスタンの古都サマルカンド。
この地を甦えらせたのが、一代で大帝国を築き上げた英雄ティムールでした。

ティムールは世界のどこにもない美しい都市を目指し建設しようと、各地の遠征先
から優れた技術者や芸術家たちを連れ帰りました。

建物を飾る「サマルカンド・ブルー」と呼ばれる鮮やかな青色タイルは、
中国の陶磁器とペルシアの顔料が出合って誕生したもの。
まさに「文化交差路」のサマルカンドは2001年、世界遺産に登録されました

出典 http://www.hankyu-travel.com

レギスタン広場

ライトアップされたサマルカンド

サマルカンドの象徴、さらにシルクロードの象徴とも言えるレギスタン広場です。
レギスタンとは『砂地』という意味です。
向かって左からウルグ・ベク・マドラサ、ティラカリ・マドラサ、シェルドル・マドラサの3つのマドラサがコの字形に並んでいます。

出典 http://illumination.web.fc2.com

ティラカリ・メドレセ(Tilla Kari Medressa)

ティラカリ・マドラサ(ティラカリ・メドレセ)です。
レギスタン広場から見て正面のマドラサになり、1660年に建設されました。
当時はすでにビビハニム・モスクが破壊されていたため、
マドラサでありながらサマルカンドのメインモスクとして使われていたそうです

ティラカリとは『金箔を施された』という意味で、その名の通り礼拝所の内部は
金箔で覆われています。

ただ単調に金箔で覆っているのではなく、金箔を使って美しい模様を描いています。
建設時に5kg、修復するときには3kgもの金が使われたそうです。

出典 http://illumination.web.fc2.com

星・植物・アラビア文字をモチーフにした模様

シェルドル・メドレセ(Sher Dor Medressa)

1636年建設の「シェルドル・メドレセ」の一番の特徴は、
入り口にある左右対称のライオン。

この印が動物界の王と天体の王とが一つに合体したことを表現しているからである。このような絵は、アシュタルハーン族の特別な印であった。

出典 http://hulule-hulule-voyage.blogspot.jp

遠近法を用いて丸く見えるようにしている

ウルグベク・メドレセ(Ulugbek Medressa)

ウルグベクは為政者でありながらも、天文学や詩吟、音楽、神学、歴史学などに
通じ、学問の高揚に努めていました。
彼は教育の重要性を悟っており、1418年にこのメドレセを建築しました。
現存する中央アジアで最古の神学校です。

メドレセの扉にはウルグベクの格言「向学心こそ、ムスリムになくてはならぬもの」、「信仰する人には、いつでも神の祝福の扉が開かれている」と彫られています。

出典 http://www.advantour.com

シャーヒ・ズィンダ廟群(Shah-i-Zinda)

サマルカンドブルーを強烈に感じられる場所

きつい石段をのぼり門をくぐると、息を呑む青の世界が広がります。
午前と夕方では光と影の差しかたが違って、ブルーの色味も変化し、
また新たな感動でした。

出典 http://www.tripadvisor.jp

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!